施工を依頼するときのポイント

施工を依頼するときのポイント

施工を依頼するときのポイント 外壁や屋根の塗装や外構工事、庭造りなどの外装リフォームをする際には、施工するシーズンを考えて依頼することが大切です。
外装は常に雨風紫外線といったダメージを受ける場所です。
それゆえに、その箇所を工事するとなるとできるだけ穏やかな気候を選ぶことで工事しやすくなります。
梅雨時期や台風シーズンなどは避けて業者に依頼したいものです。
またどのような外装リフォームをするかによっても、適した時期が異なります。
例えばペンキを塗るのであれば、湿気が少なくスピーディーに乾燥する季節が最適です。
まだ雪の心配もなく空気が乾燥している秋から初冬にかけては、塗装を施すにはベストシーズンと言えるでしょう。
近年どんどん建材の品質も開発され、建築技術も向上しています。
四季を通じて施工できますが、雨が多いと工期が延びることは否めません。
外装リフォームにおける業者との打ち合わせは、雨などにどのように対応しているのかもきちんと聞いておきたいものです。

外装リフォームの基本は塗装を施す方法が手軽で効果的です

外装リフォームの基本は塗装を施す方法が手軽で効果的です 自宅の外装リフォームを検討している方は、外壁になんら問題はなく、塗料が剥離していたり浮きが生じていたり、白い粉状のものが出ている場合は塗装作業を行う方法で問題を全てクリアできます。
この作業においては外壁がモルタルでもコンクリートでもサイディングでも可能としており、今までの色とは異なる色でも問題にならずに専門会社では対応しています。
例えば以前はグレー系の外壁だった住宅でも、素焼き風の薄いオレンジに塗り替えをする方法もあり、住宅の見栄えを大きく変化させる効果は十分にあります。
更に一歩進んだ外壁塗装では、1階部分と2階部分で色分けをすることも依頼できます。
2色を使う際には各カラーの組み合わせが非常に重要になるので、カラーシミュレーションを行っている専門会社に任せることが最善策です。
付随する外装リフォームは屋根の色を塗り替える方法や外塀の色を変化させること、フェンスやカーポートなど金属で作られている外装品の専用塗料を使ってカラーをイメージチェンジする作業も簡単に済ませられます。

新着情報

◎2021/2/12

施工を依頼するときのポイント
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

避けたい悪徳業者の見分け方
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

張り替え工事の特徴
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「リフォーム 施行」
に関連するツイート
Twitter

リフォーム会社選び方【その2】 リフォームの完成後の見学会や施行中の見学会を行える会社は信用出来ます🤔 【施行中】というのはわかる人から見れば突っ込める所が多い部分です。それを公開出来るのは余程自信があるという事。 【完成後】というのはお施主との信頼が無いと出来ません。

リフォーム会社を選ぶ時に『3社は見積を取る』と言いますが、金額だけ比べると失敗します。ここでいう失敗は施行不良や追加請求の事です。 追加請求は大体が壊してみたら劣化が、、白蟻が、、がほとんどです。だから事前に聞いてみる事が大事。 例 『中の柱が腐ってたらどのように直しますか?』

今日は和室2部屋の上塗りだったんですよ 以前リフォームしたのか和室に背の高いクローゼットが 上塗りも終わり、掃除する為にクローゼットを開けると、そこにはまさかのアクとシミだらけの聚楽が🙄 大工は何も言ってなかった🙄 図面見せて貰ったらバツ印で施行範囲外だったε-(´∀`;)ホッ

返信先:リフォームして樹脂サッシにしないとじゃないですか😳 ここまで凍るって窓周りの施行に問題ありそうに思います🥺

外壁塗装の見積もりを依頼したら、その業者の施行実績を見せてもらいましょう。 きっちりとした仕事をしてくれる業者かどうかがわかります。 施行実績のチェックポイントはこの記事にまとめておきました。